CCFLとLEDの比較

Pocket

LEDとの比較

蛍光灯との違い

LED電球との違い

LED素子との違い

 

LED蛍光灯との違い

なぜLEDではなくCCFLなの?

1.光の広がり方の違い

LED蛍光灯の場合、光が一方向に強い特性のため真下の照度(Lux)は高くなりますが、光が周囲に広がらない特性があります。その為、室内照明で蛍光灯と同じように配置をすると、暗くなる場所やバラツキが出てきてしまいます。「まぶしいけど暗い」と感じるのはその為です。
配光の違い

室内照明で真下だけ明るくても意味がありません。大切なのは均一な配光(広がり)です

2.光の自然さの違い

一般的なLED蛍光灯に使われているLEDは青色LEDと黄色蛍光体を組み合わせた疑似白色です。その為、若干黄色味が掛かった光に見え、違和感を感じます。演色性(Ra)も平均70前後で、再現できない色もあり演色性はあまり良くありません。CCFLは、蛍光灯と同じ3波長型で液晶TVのバックライト光源として利用されています。色の再現性は世界中で認められている光源です。演色性(Ra)が高く(=86以上)、グレア(眩しさ)もなく刺激を感じることはありません。
演色性の違い

オフィスや生活空間で毎日使う光だからこそ、刺激の少ない自然な光が求められます

3.温度特性の違い

LEDは供給するパワーに応じて明るさも比例して上昇しますが、同時に発熱量も増加します。またこの発熱によってLED自身の寿命を劣化させる特性を持っています。この為、発熱対策としてヒートシンクや、電源別置き等の対策が必須になる為、高温時での使用には注意が必要です。CCFLは最大で70~80℃の発熱であり、LEDに比べて低発熱です。特別な放熱対策が必要無いため気温が高い場所・地域でも安定した光が提供出来ます。
温度特性の違い

LED電球との違い

LED電球VSCCFL電球

1.光の広がり

 LEDの配光LED電球の場合、光が一方向に強い特性のため真下の照度(Lux)は高くなりますが、光が周囲に広がらない特性があります。その為、室内照明で蛍光灯と同じように配置をすると、暗くなる場所やバラツキが出てきてしまいます。「まぶしいけど暗い」と感じるのはその為です。

LED電球に取り換えた時、「暗い」と感じてしまうのは、このためです

2.放熱対策がいらない

 LED電球は放熱対策(ヒートシンク)を必ず搭載しています。その為、電球の重量も増し、熱くなります。CCFL電球はヒートシンクの搭載が必要なく安価で製作可能です。

 

 

 

CCFL電球は放熱対策が不必要な為、安価でご提供できます

3.光の自然さ

 光の自然さ一般的なLED電球に使われているLEDは青色LEDと黄色蛍光体を組み合わせた疑似白色です。その為、若干黄色味が掛かった光に見え、違和感を感じます。演色性(

Ra)も平均70前後で、再現できない色もあり演色性はあまり良くありません。CCFLは、蛍光灯と同じ3波長型で液晶TVのバックライト光源として利用されています。色の再現性は世界中で認められている光源です。演色性(Ra)が高く(=86以上)、グレア(眩しさ)もなく刺激を感じることはありません。

オフィスや生活空間で毎日使う光だからこそ、刺激の少ない自然な光が求められます

LED素子との違い
CCFLはLEDと原理と特性が異なります。

1.光源の違い

線光源と点光源の違いLEDは発光ダイオードとも呼ばれる半導体素子です。その光源は点であり、直線性の強いビームのような点光源です。
CCFLは冷陰極管と呼ばれる、見た目が細いガラス管です。その光源は線光源であり、蛍光灯と同じ放電灯の仲間で内部構造も蛍光灯と良く似ています。

2.配光角の違い

LEDとCCFLの配光範囲LEDは一方向に強い配光特性の為、光を拡散させる為にはその分だけLEDを配置するか、他の技術で補う必要があります。
CCFLはランプそのものが360°配光の為、ムラのない均一な光を得ることが出来ます。

3.発熱の問題

Sonala管LEDは供給するパワーに応じて明るさも比例して上昇しますが、同時に発熱量も増加します。またこの発熱によってLED自身の寿命を劣化させる特性を持っています。この為、発熱対策としてヒートシンクや、電源別置き等の対策が必須です。
CCFLは最大で70~80℃の発熱であり、LEDに比べて低発熱です。特別な放熱対策は必要ありません。

4.温度特性

CCFLの温度特性LEDは高温に弱く、低温に強い特性を持ちます。冷凍庫内照明等に最適です。
CCFLは高温に強く、低温に不向きな特性を持ちます。※
気温の高い地域等に最適です。
※低温時も問題なく動作しますが、最大照度がダウンします。また、最大照度を得るまでに時間がかかります。

5.演色性について

 LEDとCCFLの演色性の違いLEDの白色は一般的に疑似白色と呼ばれるものが主流です。これは青色LEDに黄色の蛍光体を組み合わせることで白を表現していますが、色の再現性が良くありません。最近では3波長RGB型のLEDも登場してきていますが、高価です。
CCFLの白色は蛍光灯と同じ3波長RGB型です。演色性も高く、慣れ親しんだ蛍光灯の色と遜色がなく、安心できる光です。